小規模企業に役立つ「経営指標」

貴社では、財務分析をしていますか?
財務分析とは、財務諸表(決算書)の数値を使って、企業の経営状態を分析することです。

財務分析を行うと経営の問題点が浮き彫りとなり、経営方針を考える上で非常に役に立ちます。

今回は、「小規模製造業・小規模卸売業は、これだけは見ておきたい」という経営指標をピックアップしました。よろしければ貴社の決算書を2期分用意して、この記事を読んでいただけると嬉しいです。

経営指標の分類

まず、知っておいて頂きたいことがあります。

経営指標はたくさんありますが、「この指標の数値が良ければ万事OK!」というものはありません。経営指標は、人間の健康診断と同じだと考えてください。「この検査項目の数値が良ければ健康体!」といえる唯一絶対の検査項目はありませんよね。

財務諸表を様々な指標でチェックすることで、企業の健康状態が総合的に分かります。

経営指標は5つに分類することができます。

  • 安全性分析 ……財政状態が健全か
  • 収益性分析 ……儲かっているか
  • 効率性分析 ……資産を効率的に活用しているか
  • 生産性分析 ……効率よく付加価値を生み出しているか
  • 成長性分析 ……業績が伸びているか

結論

小規模企業にとって大切な指標は、

  • 短期的な安全性:(財政状態は健全か)→手元資金は十分にあるか
  • 長期的な安全性:(財政状態は健全か)→無理な資金調達をしていないか
  • 収益性儲かっているか
  • 生産性:(効率よく付加価値を生み出しているか)→従業員の給料を払えるだけ稼いでいるか
  • 成長性業績が伸びているか

の5つです。

  • 効率性:資産を効率的に活用しているか
    については、優先順位はさほど高くないと考えます。小規模企業の場合、収益性や生産性が高まれば、おのずと効率性も高まることが多いためです。

小規模企業に役立つ「経営指標」

今回ピックアップした経営指標は、次のとおりです。

★マークは、ローカルベンチマークで採用されている指標です。
https://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

 経営指標計算式
短期的な安全性手元流動性比率 [か月](現預金+有価証券) ÷ (売上高÷12)
 
長期的な安全性自己資本比率 [%]★純資産 ÷ 総資産
長期的な安全性EBITDA有利子負債倍率[倍または年]★ (借入金総額-現預金) ÷ (営業利益+減価償却費)
  
収益性売上高経常利益率 [%]経常利益 ÷ 売上高
生産性労働生産性 [円]★付加価値額 ÷ 従業員数
  
成長性売上増加率 [%]★(当期売上高÷前期売上高)-1
  
効率性営業運転資本回転期間 [か月] ★{(売掛金+受取手形)+棚卸資産-(買掛金+支払手形)} ÷ (売上高÷12)
効率性有形固定資産回転率 [回]売上高 ÷ (有形固定資産の期首期末の平均値)
★マークは、ローカルベンチマークで採用されている指標
https://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

経営指標の意味や、数値のめやすについては、次回以降の記事で説明していきます。

次回:安全性について

この記事を書いた人

林 めぐみ
林 めぐみ
中小企業診断士
経理・財務スキル検定 レベルA
日商簿記2級/基本情報技術者/FP2級

得意な業種:製造業・卸売業  得意なテーマ:経営全般・財務・IT

IT企業でのシステム運用を経て、小規模製造業の取締役を11年間経験。3代目後継者である夫のビジネスパートナーとして尽力し、経営企画からバックオフィスまで幅広い経験を積む。小さな会社でもできるIT活用や財務管理など、実践的なアドバイスが得意です。貴社の「明日の一手」=「あすのて」を導きます。

月1〜2回、会社経営や人生戦略に役立つ情報をお届けしています。

メールマガジンの購読は無料です。お気軽にご登録ください。

有料でご相談・経営コンサルティングを承っています。